窓ガラスを取り換えてみよう

ちょっとの傷が命取り!ガラスのひび割れはすぐにガラス修理へ

ガラスは硬い物質ではありますが、工具などにぶつかると、傷付いてしまうことがあります。傷が大きくないからと放置される方もいるでしょう。しかし、傷が入った部分にさらにガラスの傷が広がってしまい、割れてしまう危険性があります。小さな傷でもガラス修理をしておいた方が良いでしょう。

ガラスが突然割れている!恐怖体験口コミ

窓ガラスのヒビ割れは普段の生活で突然起きてしまうトラブルです。いくつか体験をした方の口コミを紹介します。

(30代/女性)

3か月前に今の家に引っ越してきたばっかりなのに、寝室の窓ガラスに少しずつヒビ割れが起きている。寝相も別に悪くないのになんでだろう。周りに何も置いていないのに、謎過ぎる。このまま割れたら怖いからガラス修理業者に相談してみようかな。

(30代/男性)

結構前から家の窓ガラスが割れてる。亀裂も大きくなってきている。最近毎日、寝室の窓ガラスのひび割れを観察することが俺の日課になっているくらいやばい。台風とか衝撃でいつか窓ガラスが割れてしまうんじゃないかと不安。

(30代/女性)

気づいたら2階の窓ガラスが外側からヒビ割れしている。2階にはベランダがないのになんで外側から割れたんだろう。ヒビ割れが大きくなったら完全に割れてしまいそう。時間がある時にガラス修理に来てもらおうかな。

ヒビの入ったガラス

突然起きる窓ガラスのヒビ割れは、実は熱割れトラブルによるものが多いとされています。外と部屋の温度差で起きてしまうため、ガラス修理について業者に相談し交換を依頼しましょう。温度差を生じさせないためにも、断熱・省エネタイプのものを選定しましょう。

窓ガラスで断熱!?ガラスで得られる省エネ効果

特殊な窓ガラスで温度の調節をすることで、部屋と外の熱をカットすることができます。熱をカットできれば、温度差によるヒビ割れトラブルを避けられます。

紫外線カット

紫外線をカットしてくれる遮熱タイプの窓ガラスは、太陽の熱もカットしてくれます。部屋が涼しくなりますし、カーテンの色あせや日焼けを抑えてくれます。通常のタイプと比べて太陽の熱は約2倍、紫外線は約2.5倍カットしてくれます。

断熱効果

冬になると部屋を暖めてくれる断熱タイプの窓ガラスになるため、太陽や暖房による熱を外に逃がさず部屋を暖かく保つことができます。また、結露を減らしてカビやダニなどの発生を予防してくれますし、コールドドラフト現象を防ぎます。

ガラス屋さんでエコガラスを施工してもらうとどのくらいかかる?

近年の窓ガラスは、断熱性能が高いペアガラスが主流になっています。省エネ性能をアップさせることができるので、減税処置を受けられます。ガラス交換をするのであれば、どれくらいかかるのか費用を確認してみましょう。

  • ペアガラス価格:1枚あたり3~5万円(20~50%割引後)
  • 交換費用:60~70万円(割引後)
  • サッシ交換費用:約130万円(別途補修費用が必要になる場合あり)

窓は、外の温度に影響されやすく、交換をすることで断熱性能を上げられます。夏には涼しく、冬には温かく過すことができ、電気代としても2割以上の節約ができます。また、カビや結露に悩まされることもないので、交換をする価値はあります。

TOPボタン